一般社団法人錦江会

ご挨拶

会長挨拶

一般社団法人錦江会
理事長 大竹 雅彦

錦江会理事長写真

 平成30年5月27日に開催されました一般社団法人錦江会第7回総会おいて理事に選任され、理事会の互選により理事長に選定され就任いたしました。 なお、理事長の就任にあたりまして会員並びに関係各位の皆様のご理解とご支援を賜り、前任者の垣尾理事長同様どうかよろしくお願い申し上げます。
 さて、本会は同窓会組織ありますが、錦江会ほど輝かしい歴史のある組織の同窓会は少ないのではないかと思います。 明治30年(1897)4月に創設された、兵庫県簡易農学校が32年4月兵庫県農学校(34年4月兵庫県立農学校)に改称されたのを機に新たに校友会が組織されました。 大正8年(1919)に校友会の名称を兵庫県立農学校 錦江会と改め、発足以来卒業生、在校生が一体となって活動しています。
 また、この会は、昭和8年5月社団法人錦江会として認可を受け、その後、平成24年4月から法改正により一般社団法人錦江会へ移行認可を受け、目的遂行と新たなる発展を目指している。
 特に、昨年創立120周年を迎えました。また、同時に定時制が併設され70年となり、会員数は現在2万7千余名を数え全国屈指の伝統と歴史を有する同窓会で会員も各地各界で同窓の絆を固め活躍中であります。
 終わりに、我々を取り巻く環境は、内外とも大変厳しい折柄ではあるが、錦江会会員の皆様には更なる同窓の絆を固めるため、会員一人一人の努力の積み重ねをお願い申し上げます。 小生としても更に一層の母校教育の推進と地域との共生発展に会員の皆様とともに努力することを申し上げ理事長就任にあたってご挨拶とさせて頂きます。


学校長挨拶

兵庫県立農業高等学校
学校長 太古 千惠美

錦江会会長写真

 平素は垣尾理事長様をはじめ、錦江会の皆様には様々なご支援をいただき、心から感謝を申し上げます。本年度の異動により松﨑隆幸校長の後任として、着任をしました太古千惠美です。生徒や保護者の皆様、地域の方々に信頼される学校を目指して、精一杯努力してまいりますので、なお一層のご支援ご鞭撻をいただきますようお願い申し上げます。
 さて、本校は、創立120周年の大きな節目の年を迎えました。また、同時に定時制が併設され70年となります。同窓生のみなさま方が築いてこられた歴史を大切に多くの先輩の方々に見守っていただきながら一歩一歩新たな前進をしていきたいと思っています。
 今、子どもたちは、変化の大変激しい時代の中にあって、その激動の中を生き抜いていかなければなりません。一人一人の子どもたちが自分の個性や能力を十分に発揮して、その将来を自分の力で切り開いていくために、自分の将来の夢や目標を大きく持って、それに向かって学校生活をおくることが大切です。そのためにも、ご家族の深い愛情、地域の期待や見守りの中で、生徒たちのがんばりを引き出し、自己有用感や自尊心を高め、最後まで粘り強く自分の目標の実現に取り組んでいける生徒を育てたいと思います。
 また、県農生として広く社会に貢献する活動に積極的に参加し、地域の方々の役に立つ活動、広く社会に貢献する活動にも積極的に取り組んでまいります。その活動は、互いに助け合い思いやりのある人間性豊かな生徒を育ててくれると思います。
 学校にとって力強い応援団である同窓会のご支援をいただきながら、生徒たちが県立農業高校で学んで良かったと思えるよう、教職員一同がんばっていきたいと思っています。引き続きご支援ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。